爪の縦線をなくす正しいケア方法

あなたの爪の悩みは解決できます!

爪の縦線がいくら無害だと言ってもそのまま放置するのは嫌なものですよね。
手先は人の目にも触れやすく、年齢も現れます。
そこでこのページでは爪の縦線を消すための正しいケア方法をまとめてみました!

爪の悩みを解消するサプリメントが新登場!!
          

正しいケア方法

爪の縦線のみならず、爪のトラブルに対するケア方法は【体外ケア】【体内ケア】の二つに分けることができます。

体外ケア
体外ケアとは文字通り体の外側から爪の縦線に対して消すためのアプローチを施すことを指します。
具体的には「ハンドクリーム」「爪磨き用のヤスリ」「トップコート」などが挙げられます。

利点としてはどの対策もおおよそ1000円以下と安価に行うことが挙げられます。
しかし、その分こまめなメンテナンスを必要とするので、面倒な側面を持ち合わせています。
さらに、そもそも体外ケア自体が事後対策でしかなく、縦線をできないようにするという根本的な部分で悩みを解消できていないのです。
これでは「縦線が出る⇒ケアを施す」の繰り返しです。

爪の縦線を解消するには、縦線が出ない状態にならなければ悩みが解決したとは言い切れません。
そのためには体内からアプローチすることが必要となります。

体外ケアはあくまで縦線が気になりだしたときの初期段階のケア方法(あくまで応急処置)です。

体内ケア
爪の縦線が現れない状態にするには体の内側からケアする必要があります。
具体的には「サプリメントの摂取」です。

もちろん栄養バランスの整った食事から必要な栄養素を取ることがベストなのですが、手間と値段を考慮するとサプリメントを利用する方がベターな判断です!!

爪の形成するうえで取りたい栄養素は【ビタミン】【アミノ酸】【タンパク質】の3つが挙げられます。
特にビタミンB群は爪の成分であるケラチン(タンパク質)を生成し、タンパク質の代謝を高める役割を果たします。
また、爪の乾燥を防ぐためにもコラーゲン(タンパク質)を取ることも有効です。

最近の研究では爪を作るためには、ビタミンの一種であるビオチンとアミノ酸から合成されるポリアミンが必要とされることがわかっています。
しかしポリアミンは加齢とともに合成されにくくなり、食事からの摂取にも限度があります。
そのためサプリメントを併用することが必要になるのです。

爪というものは劇的に一瞬で変化が現れて、キレイになるものではありません。
大切なのは継続してケアを行うことです。
少なくとも1ヶ月は続けてみてください♪

⇒⇒爪の縦線の正体(トップ)へ戻る


スポンサーリンク