ハンドケアQ&A①

ハンドケアの悩みを解消!

手指のケアを行っているうえでのよくある質問をまとめてみました!
このページでは代表的な3つの質問を紹介しています。

ハンドケア用品をお探しの方はコチラから
          

ハンドケアに関するQ&A

Q1:『手にもシミやシワがあるのでとても気にしています…』
シミやシワは、肌の老化現象です。

これ以上増やさない、進行させないために、積極的なお手入れが必要です。
朝と夜に美容液のお手入れをプラスしてください。

シミにはアルブチンやビタミンCなど美白成分配合のもの、シワにはコエンザイムQ10やレチノールを配合したエイジング対策のものがおすすめです。

また、日焼け止めを塗ってシワやシミの原因となる紫外線の影響を防ぎましょう。
外出しているときだけでなく、洗濯物を干すときや日当たりのよい部屋で過ごすときなども注意が必要です。
美容液も日焼け止めも、顔のケアをするときに一緒にお手入れすれば簡単に行えます。

ハンドクリームを習慣にして新陳代謝を促進し、肌の生まれ変わりをスムーズにすることもシミやシワの予防に役立ちます。


Q2:『ハンドクリームを塗るほかにできるおすすめのケアは?』
:ハンドクリームのほかには、「ハンドマッサージ」や「ハンドエステ」はいかがですか?

ハンドマッサージは血液の流れを促進して、肌のすみずみに栄養を届け、老廃物の排出を促す美容法です。
手肌のコンディションを整えるだけでなく、冷えを和らげてリラックスさせる効果があるので、お休み前に習慣にするとよく眠れるようになります。

ハンドエステは手肌の汚れを取り除き、短時間で美容成分を効果的に与える方法です。
普段の手洗いでは取り除けない古い角質をスクラブで取り去り、清潔になった肌をパックで密閉して、美容成分をじっくりと浸透させます。

さらにリッチなお手入れにしたいなら、パックの後にお好みの美容液をなじませ、ハンドエステが終わった後は、コットンの手袋をはめたままお休みください。


Q3:『手肌の色をキレイに見せたいのですが…』
:手肌が黒ずんだり、くすんで見えるのは、乾燥や日焼け、血行不良などとさまざまな原因が考えられます

こまめにハンドクリームを塗って保湿を心掛けましょう!
また、ハンドマッサージを行うことを習慣にして血行を促進することも有効です。
日焼け止めをつけて紫外線を防ぐことなど基本のお手入れを続けることで、済んだ肌色へと徐々に変わっていきます。

また、ハンドエステは手肌に透明感を与える効果的なお手入れです。
保湿と美白に役立つ薬用のミネラルマスクで日頃のダメージをいたわりましょう。

ネイルカラーで肌色をキレイに見せるのもひとつの方法です。
どんな肌色にも合うようなブルー系とイエロー系のパールをバランスよく配合した商品をひとつ持っておくと便利ですよ♪

⇒⇒ハンドケアの仕方へ戻る

⇒⇒爪の縦線の正体(トップ)へ戻る


スポンサーリンク