ハンドケアQ&A②

自宅で簡単ハンドケア!

手指のケアを行っているうえでのよくある質問をまとめてみました!
このページでは代表的な4つの質問を紹介しています。

ハンドケア用品をお探しの方はコチラから
          

ハンドケアに関するQ&A

Q4:『水を使う仕事が多く、手荒れに悩んでいます。』
食器洗いや洗濯など、水仕事をするときはゴム手袋をするといいでしょう。

洗剤の刺激から肌を守り、水にぬれることがなくなるので、乾燥を防ぐことができます。
それに加えて、こまめにハンドクリームを塗って、手肌の潤いを保つこと。

肌がデリケートなときはハンドクリームは優しい成分のものを選ぶようにしましょう!
ながらトリートメント(※)は、家事のついでにお手入れできて、進んでしまった肌荒れにもおすすめです。

以上のお手入れで良くならないときは、皮膚科に行ったほうがいいでしょう!


Q5:『マッサージにはどうしてオイルを使うの?』
:マッサージにオイルを使うのは指のすべりをなめらかにして、肌にダメージを与えないためです。
5分ほどかけて行う本格的なマッサージには、摩擦を軽減するためにオイルをおすすめします。
ハンドクリームは、こまめに塗ることができるようにすぐに肌に馴染むので、手早く簡単にマッサージをするときに使います。

オイルとクリームを上手に使い分けてお手入れしましょう。
オイルでマッサージをするときは、普段のお手入れよりも多めの量を使い、マッサージの途中で肌に浸透したら、さらにオイルをプラスして行うのがポイントです。


Q6:『指のむくみをなくす方法を教えてください…』
:身体の端末であり、血管が細い手指は血液の循環が滞りやすく、体調によってむくみや冷えが起こりがちです。
ハンドマッサージで新陳代謝を高めましょう

むくみを引き起こしていた、たまった水分や老廃物が血液の流れに乗って運び出され、他指がスッキリします。
時間がないときは指の根元から先端までの指圧だけでも良いでしょう。
手を握ったり、開いたりを繰り返すストレッチや、手の力を抜いて手首からブラブラさせるのも効果的です。


Q7:『ハンドケアをしたいけど忙しくて時間がありません…』
:手指に心地よい刺激を与えると、気分がスッキリとするリフレッシュ効果があります。
また、指は疲れが溜まりやすい目、頭、首などと密接につながっています。
忙しい方こそ気分転換としてハンドケアをおすすめします。

むくみを引き起こしていた、たまった水分や老廃物が血液の流れに乗って運び出され、他指がスッキリします。
クリームをいつも持ち歩き、時間を見つけて塗ってください
ネイルクリームを使えば、爪に役立つ美容成分も入っていて手肌と爪を同時にケアできるので便利です。

⇒⇒ハンドケアの仕方へ戻る

⇒⇒爪の縦線の正体(トップ)へ戻る


スポンサーリンク