脂溶性ビタミンの効果・役割

栄養面でも爪を気遣おう♪

ビタミンは主に【脂溶性ビタミン】【水溶性ビタミン】の2つに分けられます。
このページでは脂溶性ビタミンの代表であるビタミンA,D,E,Kについてまとめています。

ビタミンを効率的に摂取するなら♪
          

ビタミンとミネラルの美的ヌーボ

主な脂溶性ビタミン

脂溶性ビタミンとは水に溶けにくく、油脂に溶けやすいビタミンの総称です。
脂溶性ビタミンは油と一緒に調理することで体内への吸収率が高まります。
しかしその一方で必要以上に摂取した場合、尿による排出がされにくいため、体内に蓄積してしまい、ビタミン過剰症などを引き起こす恐れがあります。

ビタミンA
ビタミンAは脂溶性ビタミンの代表格ともいえるビタミンです。
ビタミンAは目や粘膜、肌などを健康的に保ち、体の免疫力を高める役割を果たします。

特に目のビタミンとも言われるほど視覚と聴覚に深く関係しています。
具体的には暗い場所でものを見るのに必要とされます。
これはビタミンAとタンパク質が結びついた目の網膜にあるロドプシンという物質のおかげです。

⇒⇒『ビタミンA』の詳細を読む

ビタミンD
ビタミンDは私たちが太陽光を浴びることで生成され、骨を丈夫にする役割を果たしています。

なのでビタミンDと骨の成分であるカルシウムは切っても切れない関係と言えます。
そのためビタミンDが不足すると、骨が弱くなり骨折や骨粗鬆症になる恐れが高まります。
その他にもカルシウムは歯にも関係するので、不足すると虫歯になりやすくなります。

⇒⇒『ビタミンD』の詳細を読む

ビタミンE
ビタミンEは老いの原因である体の酸化を防ぐ役割を果たしています。
ビタミンEの抗酸化作用はガン細胞の発生を抑えたり、心臓病や脳梗塞といった重病を予防します。

また、男性女性ともにホルモンの作用を助ける役割もあるので、抗不妊ビタミンとしても知られています。
痴呆症や生活習慣病の予防効果もあるので、積極的に取り入れたいビタミンといえます。

⇒⇒『ビタミンE』の詳細を読む

ビタミンK
ビタミンEはケガをしたときの出血を止める役割と、ビタミンDと同様に骨を丈夫にする役割を果たしています。
鼻血がでやすい人なんかはビタミンKが不足しているかもしれません。
しかし、過剰に摂取してしまうと、呼吸困難や貧血といった症状が現れるので注意しましょう。

⇒⇒『ビタミンK』の詳細を読む

⇒⇒爪の縦線の正体(トップ)へ戻る


スポンサーリンク