水溶性ビタミンの効果・役割

流水と加熱調理に注意!

ビタミンは主に【脂溶性ビタミン】【水溶性ビタミン】の2つに分けられます。
このページでは水溶性ビタミンの代表である9つの成分についてまとめています。

ビタミンを効率的に摂取するなら♪
          

ビタミンとミネラルの美的ヌーボ

主な水溶性ビタミン

水溶性ビタミンとは水に溶けやすく、油脂に溶けにくいビタミンの総称です。
水溶性ビタミンは水に溶けやすいため、野菜などを洗うときは素早くこなさないと栄養が水に流れ出てしまいます。
また、加熱調理に弱い性質もあるため、重点的に摂取したい方は野菜などはサラダにして食べるといいでしょう!

ビオチン
近年の研究結果により爪の成分強化に最も貢献すると注目を浴びているビタミンです。
もともとは皮膚炎を予防することから発見されたビタミンで、糖質やタンパク質、脂質の代謝を助け、エネルギーに変える働きをします。

⇒⇒『ビオチン』の詳細を読む

ビタミンC
ビタミンの中でもっともメジャーな成分がビタミンCです。
ガンやストレスを予防することで注目されますが、熱加工をすると時間とともに減少していくので注意が必要です。

⇒⇒『ビタミンC』の詳細を読む

ビタミンB1
ビタミンB1は人のエネルギーを作るのに必要不可欠な成分です。
そのため不足がちのかたはエネルギー不足のため、体が疲れやすくなります。

⇒⇒『ビタミンB1』の詳細を読む

ビタミンB2
ビタミンB2もB1同様に人のエネルギーとの関わりが大きい成分です。
そのため、運動をするスポーツマンや、肉体労働者などのエネルギー消費量の多い人は、ビタミンB2の必要量が増加します。

⇒⇒『ビタミンB2』の詳細を読む

ビタミンB6
日本人の食生活の変化とともにその必要性が高まっているのがビタミンB6です。
しかし、ビタミンB6は食品以外にも、腸内細菌によっても合成されるため、欠乏症を心配する必要はないでしょう。

⇒⇒『ビタミンB6』の詳細を読む

ビタミンB12
ビタミンB12は血液の生成や神経機能に働くビタミンです。
そのため、ある程度の量を摂取すると睡眠障害や時差ボケに対しても効果があると考えられています。

⇒⇒『ビタミンB12』の詳細を読む

パントテン酸
パントテン酸はストレスに強い体を作るのに役立っている成分です。
ストレス以外にも、疲れやすい、怒りっぽい、昼間にもかかわらず眠たい、かぜを引きやすいといった症状を自覚する方は多く取り入れたい栄養素です。

⇒⇒『パントテン酸』の詳細を読む

ナイアシン
ナイアシンは糖質、脂質、タンパク質などの代謝に欠かすことのできないビタミンです。
そのため、お酒をよく飲む方や、油っぽいものをよく食べている方に必須のビタミンです。

⇒⇒『ナイアシン』の詳細を読む

葉酸
葉酸は新しい赤血球をつくるのために必要な栄養素です。
不足すると鉄分不足からなる貧血とはことなる悪性貧血を発症します。

⇒⇒『葉酸』の詳細を読む

⇒⇒爪の縦線の正体(トップ)へ戻る


スポンサーリンク