ビタミンB2の効果・役割

美肌維持と脂肪燃焼効果

ビタミンB2は抗酸化酵素の補酵素となります。
そのため、過酸化脂質の分解を助け、動脈硬化を予防したり、エネルギー代謝を手伝ったりと大活躍。
不足すると口内炎など粘膜へのダメージが現れます。

ビタミンB2を効率よく摂取するならコチラ
↓     ↓     ↓

ビタミンとミネラルの美的ヌーボ

ビタミンB2について

作用
①脂肪の燃焼を促す。
②糖質などの代謝を手助けする補酵素になる。
③皮膚や粘膜を正常な状態に保つ。
④過酸化脂質の分解に深くかかわる。

不足すると…
①口内炎や口角炎、口唇円といった口の中や周辺に炎症が発生する。
②鼻の周りに小さなぶつぶつができたり、目の充血、眼精疲労が起こる。

代表的な食品
牛レバー、豚レバー、鶏卵、いわし、ズワイガニ、干しシイタケなど…

推奨量
男性:1.6mg
女性:1.2mg
・干しシイタケ(93g)
・鶏レバー(72g)
・牛レバー(43g)

ビタミンB2不足の合図

①発育が悪い
ビタミンB2はさまざまな栄養士のエネルギー代謝にかかわっているため、体の成長には欠かせない栄養素です。
ビタミンB2が不足することで発育不良が起こるので、妊婦さんや子供は積極的に摂りたい。

②目の疲労と充血
目の角膜はビタミンCとEによって保護されているが、ビタミンB2も目の粘膜を正常に保つのを助けています。
ビタミンB2が不足し続けると、白内障になることがあるのでちゅいが必要。

③顔がベタつく(脂っぽい)
ビタミンB2不足になると、トウヒや皮膚が脂っぽくなり、ベタつきやすくなります。
欠乏が続くと鼻の横にブツブツとした脂肪の塊ができます。

脂質や糖質の代謝を促進

ビタミンB2は糖質や脂質、タンパク質からのエネルギーの生成に関わるビタミンです。

運動したり、肉体労働をして、エネルギー消費量の多い人は、ビタミンB2の必要量が増加します。
ビタミンB2が不足すると、糖質や脂質、たんぱく質なのどの代謝に支障をきたすので、特に妊娠中の女性や、成長期の子供は気をつける必要があります。
その結果、皮膚や粘膜が敏感になり、口内炎や口角炎、舌炎、口唇炎ができやすくなります。

目が充血したり、肌荒れや髪の毛が傷んだり、脂漏性皮膚炎を起こした時も、ビタミンB2の不足が原因だと考えられます。

東尾理子さんもご愛飲♪【美的ヌーボ】
↓     ↓     ↓

⇒⇒水溶性ビタミンへ戻る

⇒⇒爪の縦線の正体(トップ)へ戻る


スポンサーリンク