爪の手入れの仕方

やすり1つで簡単お手入れ

美しい爪を保つには定期的な爪のケアは欠かせません。
ネイルが好きな方の中にはネイルは熱心に行うけども、ケアは怠っている…なんて場合が見受けられます。

また今現在、爪のトラブルでお悩みの方は爪のトラブルが解決した後に、キレイになったからといって満足せずに、きちんとケアを行うようにしましょう!

爪ケア用品をお探しの方はこちらで販売中
          

爪の長さと形を整える

今回は爪やすりを使って長さと形を整える方法を紹介します。
爪切りは衝撃が強く、爪にダメージを与えることがあるので、なるべく使うのは避けましょう。
ちなみに私はDHCのウッドボード・ネイルシェイパーを使用しています。

用意する物
・爪やすり

①爪を固定する
軽く手のひらを握って指を安定させ、粗い面に削る爪を乗せます。
シェイパーは親指と人差し指と中指の3本でやわらかく持つようにします。

※このとき爪に対してシェイパーを45度に当てましょう!

②先端を削る
爪の先端の中央部分から削り始めます。
シェイパーは往復させずに、軽く引くようにして一定の方向に動かします。

※シェイパーを往復させると2枚爪の原因になります。
力を入れすぎないで軽く行うこともポイント!

③爪のサイドを削る
サイドは目の細かい面を使います。
サイドから中央に向かって一定の方向にシェイパーを動かします。

※左右対称になるように少しずつ削ることが大切!

④バランスを確認
整えた爪の形や長さにバラつきがないか、手の甲からチェックします。

爪のケアを行うタイミングはお風呂上りがベストです。
お風呂上りの爪はふやけていて、柔らかいのでスムーズに行えます!

⇒⇒自宅での爪の手入れへ戻る

⇒⇒爪の縦線の正体(トップ)へ戻る


スポンサーリンク